WEBCRE8.jpウェブクリ8.jp

webデザイナーによる、デザインとwebを楽しむ情報ブログ

調べる。

備忘録としてwebやデザインについて調べたり
新しく知ったことなどを書き残していくカテゴリです。

[Google]アドレスバーからワード検索一位のサイトに直接飛ぶ方法とか(I’m feeling lucky)

この記事は約7分ぐらいで読めます

I'm feeling luckyはいらない子
ちょっと調べたら面白かったのでTips的な記事を。お目当てのサイトの名前はわかるけどURLが分からない時、アドレスバー検索から一発でサイトに辿りつく方法です。

誰でも知ってるよってことだったらすみませんw 便利!だと思ったので備忘録的にシェア。

アドレスバーから検索するのは便利だけど

最近行きたいサイトを検索するとき、アドレスバーに直接検索語を入れて調べることが増えました。便利ですよねー。でもURLさえ入力できれば検索結果のページを挟むことなく直接サイトに飛べるわけで、URLが分かっているならその方が早いです。

で、行きたい場所は決まっていて、名前で検索しちゃえばまず間違いなくそのサイトが一位に出てくるようなサイトを検索することもありますよね。そんな時の為にあったのがI’m feeling luckyボタン

I’m feeling luckyボタンはいらない子

その前にぶっちゃけI’m feeling luckyボタンが何のためにあるボタンなのか知らない人も多いんじゃないでしょうか。「Google検索」ボタンの横にあるなんて結構偉そうですけど。すでに何のために存在するのか分からないかわいそうなボタン。

その検索語で検索一位のサイトに直接飛べるボタンです

はい、こういう地味な機能がついてます。昔はGoogleもSEOテクニックに負けまくりで検索の精度があまり高くなく、名前で検索してもそれについてのサイトが表示されるとは限らなかったため、全然使えなかったですよね。当時からいらない子でした。

今はJavaScriptを切らないと押せない

I'm feeling luckyはいらない子

I'm feeling luckyはいらない子


Googleのトップページから検索することがなくなったので知らなかったですけど、今トップページはインクリメンタル検索が採用されているので、一文字でも文字を入力するとすぐに検索結果に飛んでしまい、あのボタンを押すことはできません。なんでまだボタンがあるのか…w オフ時の為に検索ボタンは必要だとしてもI’m feeling luckyボタンはいらなくないか。しかも一回一回「I’m feeling lucky」って書くのめんどくさいんだけど、略称も見つかりません。まさにいらない子。

でもアドレスバーで使えたら超便利だよ!!

まあでも最近は検索精度も高く、わりと検索語の事のみについて書かれたサイトがヒットしてくれます。アドレスバーからの検索にこの機能があったら便利なんじゃないかと思ったらありました。Googleグループの共有ドキュメントです。

アドレスバーでI’m feeling lucky検索 – Google グループ

こちらの記事によるとアドレスバーに

http://www.google.com/search?btnI=I%27m+Feeling+Lucky&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=

と入力した後に検索語(「q=」はクエリの事)を入力するとその検索結果一位のサイトをそのまま表示してくれます。

…長いですねw

ブラウザ自体に設定

ドキュメント内に少し書いてますが、ブラウザのアドレスバー自体にその機能を予め設定する方法がこちらに書いてあります。

最速でGoogle検索するための「中抜き」検索術! – nanapi Web

検索のTipsも書いてあるのでなかなか役に立つかも。

辞書登録する

古来よりある古き良き辞書登録w ただしさっきのだと長すぎて辞書登録出来ないので

http://www.google.com/search?btnI=I%27m+Feeling+Lucky&q=

これでもいいみたい。なんかlangとか色々書いてるのでブラウザが変わったり検索クエリが日本語だとダメなのかなーとか思いましたけど、普通にIE6でも日本語でも検索できるみたいです。これ何のために記述してるのかな。Keyword.URLを通すときは必要なのかも(そこはもうどうでもよかったw)。

アドレスバーからのI’m feeling luckyを試すぜ!

辞書に「sss」と登録して試しましょう。子音三文字ならうっかりも防げますね!前に書いた[辞書登録]ガンジーでも助走つけて殴るレベルのユーザー辞書を作ったの方は誤爆が多いので…w

試しにq=ウェブクリ8で検索

試しにq=ウェブクリ8で検索

ちゃんと一発でWEBCRE8.jpが表示された!

ちゃんと一発でWEBCRE8.jpが表示された!

ボブチャンチンで検索

ボブチャンチンで検索

ボブチャンチンが表示された!ロシアンフック!

ボブチャンチンが表示された!ロシアンフック!

このようにちゃんと表示されます。手間的にも辞書登録で全然イケる。

I’m feeling luckyボタンとの差異

ただ、何故か一度検索結果を挟んでしまうパターンがあります。I’m feeling luckyボタンは問答無用で検索一位のページに飛ぶんですが…

いごおgぇ・ボブチャンチンをI'm feeling luckyボタンで検索

いごおgぇ・ボブチャンチンをI'm feeling luckyボタンで検索

ウェブクリ8のこの記事に飛ぶ

ウェブクリ8のこの記事に飛ぶ

q=いごおgぇ・ボブチャンチンで検索すると

q=いごおgぇ・ボブチャンチンで検索すると

もしかして:igoogle・ボブチャンチンと言われてしまう

もしかして:igoogle・ボブチャンチンと言われてしまう

このやり方ではどうやらヒット数が少ないか、長い(複合語過ぎる)と一度確認されてしまうようです。多分Googleもまだ「いごおgぇ・ボブチャンチン」がなんであるのか結論を出せていないんでしょうねー。

参考:

[検索]iGoogleをタイポしたらグーグル先生はどこまで分かってくれるか
「いごおgぇ・ボブチャンチン」についてはこちら。

ブラウザからのWeb総合検索
古いですけど、ブラウザごとの更にマニアックな説明です。何か役に立つかも。